tobira_12_6-01


LIRY VOL.12 AFTER FIVE*

 

COVER STORY

 

午後5時以降の仕事や、やるべきコトを終えた後の時間。いわゆる個人的な時間。その昔、日本は5時に仕事が終わるという観念をもっていたコトから生まれたワード。あくまでもニュアンス用語であり、きっかり五時以降の時間帯を指すのではなく、いわば個人的な時間=プライベートタイムの使い方の意味合いが大きい。仕事を終えて、学校を終えて、一日のやるべきコトを終えて、何をしてますか?何をしますか?と言ったように聞こえる。しかし、こういった<アフターファイブ>のように、時間の使い方は、時代と共に変化しています。多勢で遊ぶ、少人数で遊ぶ、はたまた一人の時間に没頭する。何が正解ではなく、時代背景と共に存在している私達は、その時代ならではの時間の使い方、過ごし方をしています。昨今のデジタルイノベーション、経済の不安定、今まで毅然とあったモノが突如として姿形を変えたり、消えたりしていく社会の中で、私達は何を思いながら生きているのか?その中で、個人的な時間=アフターファイブをヒトはどう過ごしているのか?ファッションというヒドく曖昧なワードは、現在も日々曖昧になっていっています。ひとえに流行のスタイルというワードでは表現出来ない現代に、私たちはヒトが生きている“時間の過ごし方”が、今一番ファッションという曖昧さを回避出来ると思っています。それは、「生き方」というヒトそのものを表すワードが、ライフスタイル含めたファッションではないのでしょうか?スマートフォンなどで世界中の人々がメディア・コンテンツを手にしている時代に、表層的な見え方ではない、中身ある生き方こそファッションという意味に変わっていくのではないのでしょうか?あなたの<アフターファイブ>と、リリーが解明した<アフターファイブ>は、一体どういった差異を産んでるのでしょうか?

 

vol,12 #2 MODERN AFTER FIVE*

現代のプライベートタイム

 

<アフターファイブ>なんて言葉は、街中でそう耳にしない現代。SNSの存在により“プライベートタイム”が開示されてオンオフのつけ方が、うまくつけれなくなったワタシ達にとって、リラックスやご褒美とした、自分自身の時間の使い方が分からなくなっているヒトもいるみたい。だからこそ今“プライベートタイム”をもう一度考える。様々な午後5時以降のライフスタイルから見えるそのヒトのWhat’s KAWAII? なヴィジョンが見えてくるのかもしれない。

 

 

6.MANNERS <礼儀作法>

 

12_6-01
 
 

☆リリー的解析☆

 

所作を変える。人生観を少しだけ変える。礼儀作法なんて、オトナになれば勝手に身につくモノとされてきましたが、時代の移り変わりで、今では都市伝説化?あえて“身につける”という意識でなければ、オトナとして日本人としてのマナーは身につかないのが現代です。お辞儀1つとっても、なかなか出来たものではないはずです。昨今のアフターファイブ事情の中で、最も編集部が驚いたのが、この礼儀作法の習い事です。昨日まで当然だったことは、明日には崩壊しています。もしくは、そもそも存在していなかったのかもしれない。現代のアフターファイブは、大半が自分磨きの時間です。改めて自分を考える時間なのかもしれません。

 


information

ホワイトドレス 参考商品 (すべてラインバイリョウジオバタ|ラインバイリョウジオバタメゾン)  

ラインバイリョウジオバタメゾン ☎080-9105-4066

 


PHOTO / CHIHIRO FUCHIGAMI
STYLYNG / KEISUKE UENO (REFRAIN226)
HAIR & MAKE / AYANO URA (hairmake FULL)
MODEL / CHIHIRO KAWANO , RIHO IKEUCHI , RUKA KAMIKAWA , LUI YAMADA (elegant promotion)
 

 

Share on FacebookTweet about this on Twitter