liry12_conv_tobira_t-01


LIRY VOL.12 AFTER FIVE*

アフターファイブ・コンビニの話し♥︎

 

とあるコンビニで聞いた、本当に起きてるコンビニの話し。
コンビニに通う女子のアフターファイブは、実はこうだ!

 

 

 

・レジ周辺のアフターファイブ事情

1-01

商品を持って、レジに向かうのが今までの一般的な買い物というスタンスだと思う。しかし昨今は、レジ裏から頼んでおいたモノを出してもらって、家に持ってかえるという状況がある。そこには、夜お風呂に入って、ベットに横たわり、携帯をピコピコとしながら、ネットショッピングサイトでポチッと押してしまう衝動を抑えきれない女子の姿がある。そしてレジで商品を受け取る時に、そんなに必要でもなかったものだとちょっと反省してみたりする瞬間なのかもしれない。
 

 

・500mlの安心感

2-01

500mlのミネラルウォーターと1.5ℓのミネラルウォーターの金額がほぼ一緒なのは最近周知されてきた。3倍の量がお得になるというのにコンビニでシェアを占めているのは群を抜いて500mlのペットボトルである。当たり前だが、書類が潜むカバンにもさっと入るし、いつでもどこでも飲みたいときに飲めて、飲んでしまえば捨てることができるインスタント的な感覚。エコなマイボトルも持ってみるけど合理的な世の中に馴染むこのスーパーアイテムはコンビニユーザーにはやはりやめらない。
 

 

・至福の独り酒

3-01

人目に付きにくいところに陳列されているコンビニは何てジェントルな店舗なんだろうと、心の中で一人絶賛してしまう。仕事仲間や友達と飲みに行くのも、もちろん好きだけど、録り貯めてある好きな番組をラフなスウェットを着てお酒を飲みながら周りを気にせずゲラゲラと笑う。この時間も意外と私にとって大切なアフターファイブの時間なのである。だけど、やっぱり堂々と買うよりもオンナとしての恥じらいは忘れたくないもの。陳列に気遣いあるお気に入りのジェントルな店舗に週に3、4日は足繁く通ってしまうのである。
 

 

・おつまみ事情

4-01

ここだけの話。あなたのお酒の肴は何ですか?オジさま達のお酒のお供ってイメージもあるけど、貝柱やタコワサなんかのおつまみもカロリーや美容にも何気に良かったりするんで、意外と女子の人気も高いんです。でもやっぱり電車での帰宅の時には持って帰るのは恥ずかしい。なんとなく天神のコンビニじゃ恥ずかしくて買えないんだけど。家の近所のコンビニでは2、3パック買って帰ります。我慢できずに買っちゃう時もあるからもしも、カバンからチラっと見えたりしても、メンズ君達は見て見ぬ振りしてほしいものです。
 

 

・お昼のビューティ活動

5-01

OLのお昼休みは、小脇に財布を抱えてランチを調達。ってイメージも多いと思うけど、時代が変わりセキュリテイーが細くなったようで、クリアな素材のトートバックなんかが会社から支給されるコトも多いようです。お昼休みのコンビニ内は、あんなドラマ的なイメージの姿よりもっと現実味のある風景になってます。クリアなケースには、サラダチキンや、サラスパ、スムージーに、コラーゲンドリンク。など、お仕事中でも「ながらビューティ活動」。効率よくビューティーを手に入れようと奮闘しております。
 

 

・デートの前に・・・

6-01

花の金曜日、飲み会があるまさにアフターファイブの時。エナジードリンクや深酔い対策のドリンクをこぞって買い、ノミニケーションを楽しむ準備をしている人々。そして数時間が過ぎた頃、まさに5時からオトコ的な男性達は靴下やアンダーウェアを購入し、そしてさらに夜が更けていった頃、女性達はお泊りセットを購入して再び夜の街に消える❤︎コンビニ的なタイミングの突発的な関係性なのか?それともやめられない、止まらないのか?いろんな大人達の駆け引きが行われている街は、お昼とは全くちがう様子を見せているのであろう。
 

 

・コブクロなお菓子たち

7-01

私たち女子は、オンナである以上、夜は炭水化物の摂取を減らしてみるとか、便秘解消に良いっていうから炭酸水を寝る前に飲んでみるとか、家に帰ってもアフターファイブで自分メンテナンスを怠るわけにはいかない。だけど月に一度の暴飲暴食をしたくなる時や、いろんなストレスでむしゃくしゃして甘いものが食べたくなる時、レジの近くの陳列棚にちょこんと綺麗に並べられたはがきサイズくらいのコブクロなお菓子たちが私たちを助けてくれる。ちょうど良いお一人様サイズのお菓子と炭酸水のゴールデンコンビは毎日流れ作業のように買い物かごに入っていく。
 

 

・雑誌

8-01

地下鉄で帰る私の家の近所のコンビニは雑誌コーナーが異様に大きい。彼氏に付き合って毎週決まった曜日のお風呂上がりに、新刊をチェックしに行くもんだ。そういえば、会社の帰りに雑誌を立ち読みすることはほぼないが、会社近くのコンビニは雑誌の陳列棚の幅が小さくなっているような気がする。とは言っても、アイスを手に取りながら付録のチェックは欠かせないけどね。
 

 

・男と女のラブゲーム

9-01

コンビニエンストア。そこは365日24時間どんな時でも助けてくれるいわば街の救世主。その時はきました。用意が整っていない男女が求めたもの。それ。そしてたまたまコンビニにあったわけです。コンドームが必要な時にコンドームを買う。コンビニだっただけ。いつHするかなど店員さんは知る由もないので、買ってみても恥ずかしがることはありません。買ったら絶対Hしなくちゃいけないわけでもなく破廉恥でもない、自分の身を守るコトは、とても大切なコトですね。まぁできればメンズに用意してもらっていてほしいものですね♬ちょっと割高かもしれないけど、とても大事なコト。
 


 

EDIT BY LIRY

 

Share on FacebookTweet about this on Twitter