liry12_conv_tobira-01


LIRY VOL.12 AFTER FIVE*

 

COVER STORY

 

午後5時以降の仕事や、やるべきコトを終えた後の時間。いわゆる個人的な時間。その昔、日本は5時に仕事が終わるという観念をもっていたコトから生まれたワード。あくまでもニュアンス用語であり、きっかり五時以降の時間帯を指すのではなく、いわば個人的な時間=プライベートタイムの使い方の意味合いが大きい。仕事を終えて、学校を終えて、一日のやるべきコトを終えて、何をしてますか?何をしますか?と言ったように聞こえる。しかし、こういった<アフターファイブ>のように、時間の使い方は、時代と共に変化しています。多勢で遊ぶ、少人数で遊ぶ、はたまた一人の時間に没頭する。何が正解ではなく、時代背景と共に存在している私達は、その時代ならではの時間の使い方、過ごし方をしています。昨今のデジタルイノベーション、経済の不安定、今まで毅然とあったモノが突如として姿形を変えたり、消えたりしていく社会の中で、私達は何を思いながら生きているのか?その中で、個人的な時間=アフターファイブをヒトはどう過ごしているのか?ファッションというヒドく曖昧なワードは、現在も日々曖昧になっていっています。ひとえに流行のスタイルというワードでは表現出来ない現代に、私たちはヒトが生きている“時間の過ごし方”が、今一番ファッションという曖昧さを回避出来ると思っています。それは、「生き方」というヒトそのものを表すワードが、ライフスタイル含めたファッションではないのでしょうか?スマートフォンなどで世界中の人々がメディア・コンテンツを手にしている時代に、表層的な見え方ではない、中身ある生き方こそファッションという意味に変わっていくのではないのでしょうか?あなたの<アフターファイブ>と、リリーが解明した<アフターファイブ>は、一体どういった差異を産んでるのでしょうか?

 

vol,12 #3 THE MEMORIES OF CONVENIENCE STORE

リアルが潜むコンビニに見えた彼女のモダン♥

 

スマホからSNSを覗けば、にぎやかな<アフターファイブ>が見える。それをヒトは“リア充”と呼ぶそうです。しかし、スマホから見るのではなく、誰もが通うコトのある街中のコンビニこそが、“リア充”のリア=リアルが潜んでいる気がする。コンビニから見えた彼女達の行動パターンこそが“リアルな”<アフターファイブ>。本誌独自の調査に基づき、AとBの2パターンから見るコンビニ事情をどうぞ!

 

 

liry12_a-01

「資料作りやっと終わり!コピー機の前での半日は疲れた。 頑張ったから今日の晩酌タイムはやっぱりこれかな。」

 

liry12_a2-01

入社2年目の彼女。大事な企画ミーティングの資料作りで、いつもよりちょっとだけ残業をした。いつものようコンビニに立ち寄り、お気に入りのコーナーへ直行。自分へのご褒美に、今夜のおつまみと肴は奮発メニュー。コンビニのおつまみだってバカにできません。ちょっとしたアレンジでお店顔負けの料理だってできちゃいます。自分だけの時間に浸り、今の自分を振り返ることができる大切な時間。何も変わらない365日。これでいいのかと自分に問いかけつつも選んでしまうのは安定的な生活のルーティンワーク。そんな中、コンビニで買ってきたおつまみをアレンジして、綺麗に盛り付けて、SNSでアップすることも楽しみの1つです。たくさんの人に見てもらって「そんな食べ方あったんだ!」とリアクションがもらえると、なんか嬉しい。それを見ながらの一杯も中々なものです。こうした毎日が最高にしあわせな. . . 。

 

 

LIRY12_P30_P31_ol

「カロリー計算は夜になっても終わりません。今日は残り300Kcalまで大丈夫なはず。 そろそろ良い年だし、体調管理も大人の身だしなみかな」

liry12_b2-01

個性的な彼女は天神のアパレルショップで大好きな洋服に囲まれての仕事。朝は早くて夜は遅いけれど、ファッションが好きだからキレイなものや可愛いものに囲まれて過ごす生活が大好き。とはいえ、やっと商品が届いたから今日も休憩は取れなかったし、足も棒になっちゃいそう。人に見られるお仕事をしているからにはやっぱりキレイで在りたいと思う彼女は3次元でもSNSの中でもヘルシー活動をしております。だからもちろんコンビニ飯でもボディへ気配りは欠かせない。家に着いてからは、毎度気休めの日課であるカロリー計算と、新しくダウンロードした加工アプリで今日のコーディネートをアップしなきゃ。肌も綺麗に見えるし細くなったり思いのままに理想の自分の姿を作り出すことができるんだ。まさに神アプリ!

 

 

まとめ♥︎

 
さあ、あなたはこの2人の行動パターンをどうみますか?あなた達が覗いてるSNSの世界に比べて意外と、、、ジ○!?な印象ではないでしょうか。しかし、これがリアルなんです!こんな福岡アフターファイブ都市伝説を、信じるか信じないかはあなた次第です。

 


information

Aパターンの彼女
MODEL / RISA SHINCHI

デニムコート ¥29000 ホルタートップス ¥24000  ストライプパンツ ¥¥20000 (全てアルネブ|アルネブ) リネンダッフルバッグ ¥21700 (サンドグラス|ローラーズハイ)

Bパターンの彼女
MODEL / RISA SAKAMOTO

ブリムハット ¥4900 (トラノイ|クルーズ) プルオーバーパーカー ¥12000 (チャンピオン|チャンピオン原宿店) スナップボタンブーツカットデニム ¥5980 (ユーズド|ネスプリ) 刺し子チャイナフラワーバッグ ¥18000 (マイトリー|ローラーズハイ)

アルネブ ☎092-791-1606
クルーズ ☎092-414-1169
チャンピオン原宿店 ☎03-5468-8451
ネスプリ ☎092-733-3170
ローラーズハイ ☎092-722-6284

 


PHOTO / HAJIME MATSUMOTO (hpc)
STYLYNG / KEISUKE UENO (REFRAIN226)
HAIR & MAKE / AYANO URA (hairmakeFULL)
MODEL / RISA SHINCHI & RISA SAKAMOTO (elegant promotion)

 

Share on FacebookTweet about this on Twitter